オンラインショップ

料理cooking

cooking

水はそのまま飲むだけでなく、さまざまな料理に姿を変えてわ
たしたちに力を与えてくれます。

簡単でおいしいレシピや、「北海道便り」シリーズでは北海道ならではの食材とお酒とともに楽しむ献立をなどをご紹介しています。

〜北海道便り10月下旬〜葡萄ソースのチキンステーキ

2021.11.04

木々の色も鮮やかな色から枯れ葉色に変わっていき、晩秋の空気が日に日に濃くなるこの時期、ヴィンヤード(ぶどう畑)では収穫作業が大詰めを迎えています。3週間ほど続いた収穫作業の最終日、お手伝いをさせていただいた帰り際に昨年のワインをいただきました。生産数の限られた貴重なワインのおともに葡萄ソースのチキンステーキを作ります。

LEARN MORE

理想の杏仁豆腐を追い求めて 後編

2021.10.25

無味無臭でプルプルとしていて口どけもよいアガーというゼリーの素(凝固剤)の存在を知ったことをきっかけに始まった理想の杏仁豆腐づくり。
前回は固さ(食感)を探るべく寒天とゼラチンとアガーの3種類で杏仁豆腐をつくり、いつぞやのおぼろげな私の記憶の中にあるおいしかった杏仁豆腐の食感はおそらくアガーだったのではないか、というところまでは辿り着きました。
残るポイントは甘さ、風味、そして濃さ。
前回の試食で感じたことを元にレシピを修正して、理想の杏仁豆腐を求めます。

LEARN MORE

理想の杏仁豆腐を追い求めて 前編

2021.10.15

今回は中華料理の代表的なスイーツである杏仁豆腐をアガー、寒天、ゼラチン3種類のゼリーの素を使って実際につくってみることにしました。せかっくなのでそれぞれに凝固剤の割合を弱めたものと合わせて6種を準備。
実際に食べてみると、それぞれの固さ(食感)や口当たりはかなり違うように感じました。好みの食感も把握したところで理想の杏仁豆腐を求めて後半へ続きます。

LEARN MORE

〜北海道便り10月初旬〜新米と自家製いくら~

2021.10.07

先月初旬から始まった紅葉が一ヶ月かけてゆっくりと平地におりて来ました。
少しずつ色付き始めた木々に「秋」を改めて感じていたある日、待ちに待った朗報が届きました。
「ゆめぴりか」新米出荷開始の連絡です。
今回はこの新米を楽しむべく、自家製いくらをつくります。
北海道の家庭ではお馴染みの優秀な調理器具もご紹介しつつ、間違いなしの秋の味覚をおいしくいただきます。

LEARN MORE

〜北海道便り 9月中旬〜鮭の炊き込みご飯

2021.09.16

9月中旬、北海道は日に日に秋らしくなってきました。
道端にはコスモスが風に揺れ、収穫の済んだ畑は綺麗に耕され、秋蒔きの種を待っています
風や気温で季節の移ろいを感じつつ、近所のスーパーへ買い物に出かけると、生鮮売り場では「生鮭」が沢山並んでおり、さらに秋を実感。
秋らしく、きのこと合わせて「鮭の炊き込みご飯」を作ります。

LEARN MORE

〜北海道便り 9月初旬〜夏の名残のトウキビご飯

2021.09.06

9月に入り、北海道はすっかり風が爽やかな秋を迎えています。
大雪山では早くも紅葉が始まったというニュースが流れ、田んぼも黄色に染まる季節を迎えました。
とはいえ夏野菜にはもう一踏ん張りしてもらいたいところ。まもなく終わってしまうトウキビで炊き込んだご飯をメインに夏を名残り惜しみつつじんわりランチを味わいます。

LEARN MORE

〜北海道便り 8月初旬〜夏野菜とコッホサラミ

2021.08.13

お世話になっているアスパラ農家のほりぐち農園へ立ち寄ると、自家用の大きなハウスでは、トマト、茄子、トウキビ(とうもろこし)青南蛮、スイカ、ピーマン、ししとうなど、実に様々な夏野菜が食べ頃を迎えていました。お土産にいただいたこの採れたて野菜を使ってトマトベースの煮込み料理「ラタトゥイユ」を作り、本場ドイツのソーセージとワインと一緒に食卓を楽しみます。

LEARN MORE

夏のおうちごはん「そうめん」後編    

2021.08.05

日本の夏の風物詩といえば花火、風鈴、それに海水浴と西瓜、その他にも色々と思い浮かぶことかと思いますが、こと夏のおうちごはんといえば、冷たい“そうめん”!!
さっと茹で上げて氷水でしめるだけで、暑さであまり食欲の沸かない時でもするするっと食べ進められてうれしい、今回はそんな夏のそうめんについてです。前編はおいしいそうめんの茹で方を研究、後編はアレンジレシピに挑戦しました。

LEARN MORE

夏のおうちごはん「そうめん」前編   

2021.07.28

日本の夏の風物詩といえば花火、風鈴、それに海水浴と西瓜、その他にも色々と思い浮かぶことかと思いますが、こと夏のおうちごはんといえば、冷たい“そうめん”!!
さっと茹で上げて氷水でしめるだけで、暑さであまり食欲の沸かない時でもするするっと食べ進められてうれしい、今回はそんな夏のそうめんについてです。前編はおいしいそうめんの茹で方を研究、後編はアレンジレシピに挑戦しました。

LEARN MORE

〜北海道便り 7月中旬〜すぐりピーマンと北海タコ

2021.07.20

隣町で農家を営む従姉から「ピーマンがとれはじめたよ」と連絡がありました。このピーマンとは、カラーピーマンが色を付ける前に間引されたの緑の「すぐりピーマン」のこと。未熟果とはいえピーマンとして遜色なく、甘く柔らかく香りも良く美味しいピーマンと北海タコを使ってビールにぴたりのおつまみを作ります。

LEARN MORE

〜北海道便り 6月下旬〜姫竹の煮物と炒め物

2021.06.29

6月、北海道の風景は緑のグラデーションが美しい季節になりました。
近所の畑にはハルユタカの小麦の黄緑色が広がって気持ちがよいこと!
この季節、北海道では「たけのこ」が出回ります。
一般的に「たけのこ・筍」は孟宗竹の若芽のことをさしますが、北海道では姫竹のことを「たけのこ」と呼びます。今回はこれを使って煮物と炒め物をつくります。

LEARN MORE

~北海道便り 5月中旬~鈍器本とアイヌネギ

2021.05.21

最近よく見かけるいわゆる鈍器本を読み始めました。堂々の667ページに渡って描かれていたのは実話をもとにした帯広開拓の初期10年間に生きた人々。ちょうどよく物語に登場した「アイヌネギ」(行者にんにく)をご近所からいただいたので、醤油漬けにして焼いたお肉とあわせ、北の原野へ思い馳せつついただきました。

LEARN MORE
新着記事
TOPへ↑